2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★110201 複数 K5 ◆ZrPJFvslEyUGによるコピペ荒らし報告3

1 :名無しの報告:2011/06/18(土) 21:30:25.51 ID:dsdVzfPq0
前スレ

★110201 複数 K5 ◆ZrPJFvslEyUGによるコピペ荒らし報告2
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1300150809/

155 :名無しの報告:2011/06/29(水) 20:58:37.19 ID:HBdEAhgz0
《報告》
>>59-65
>>69
>>71-72
>>76-82
>>87-90
>>95-101
>>105-113
《ログ》
>>118-154

《集計》
EM111-188-61-13.pool.e-mobile.ne.jp 4res
EM1-112-16-61.pool.e-mobile.ne.jp 3res
EM114-48-21-84.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM111-188-36-205.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM1-112-138-202.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM114-48-34-109.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM114-48-68-99.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM1-112-108-91.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM114-48-90-70.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM111-188-29-157.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM114-48-76-100.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM114-48-36-51.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM1-113-12-223.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM1-112-51-150.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM114-48-179-164.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM1-113-51-134.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM111-188-56-254.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM1-112-81-207.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM111-188-47-78.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM114-48-41-162.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM114-48-65-183.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM114-48-49-80.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM114-48-155-134.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM114-48-167-79.pool.e-mobile.ne.jp 2res
EM111-188-0-85.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-128-241.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-28-117.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-116-233.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-20-82.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-15-18.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-0-175.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-135-201.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-35-232.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-98-162.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-157-207.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-15-89.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-37-214.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-132-240.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-59-37.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-39-168.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-9-214.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-149-107.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-247-6.pool.e-mobile.ne.jp 1res

156 :名無しの報告:2011/06/29(水) 20:58:43.24 ID:HBdEAhgz0
EM1-113-68-206.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-48-161.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-166-248.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-12-92.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-180-185.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-205-236.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-167-191.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-30-220.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-137-100.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-23-48.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-138-23.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-242-225.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-26-124.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-28-37.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-209-143.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-102-238.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-0-229.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-105-30.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-228-193.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-126-231.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-49-129-186.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-141-191.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-133-88.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-156-15.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-106-79.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-52-149.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-63-226.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-45-9.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-125-173.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-39-72.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-39-159.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-131-223.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-43-123.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-9-114.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-27-70.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-51-51.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-26-208.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-48-70.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-31-107.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-152-136.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-46-244.pool.e-mobile.ne.jp 1res

157 :名無しの報告:2011/06/29(水) 20:58:56.02 ID:HBdEAhgz0
EM1-112-184-115.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-56-185.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-25-169.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-9-24.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-12-43.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-66-194.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-72-173.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-14-108.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-52-9.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-179-209.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-34-243.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-169-125.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-34-137.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-20-61.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-86-157.pool.e-mobile.ne.jp 1res
sndr2.iijwebvc.meijigakuin.ac.jp 1res
EM114-48-97-77.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-77-89.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-33-74.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-59-159.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-188-43.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-62-0.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-9-175.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-137-242.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-25-0.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-51-159.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-91-178.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-192-20.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-98-14.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-37-48.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-40-246.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-131-213.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-79-1.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-127-194.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-51-6.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-67-16.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-42-0.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-174-245.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-142-186.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-14-18.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-49-185.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-81-56.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-246-19.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-42-207.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-90-27.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-17-241.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-28-12.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-63-183.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-204-190.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-39-39.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-164-252.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-6-122.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-153-160.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-139-116.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-38-124.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-165-246.pool.e-mobile.ne.jp 1res

158 :名無しの報告:2011/06/29(水) 20:59:09.73 ID:HBdEAhgz0
EM1-112-189-145.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-186-238.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-45-249.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-211-85.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-72-146.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-223-93.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-36-200.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-19-103.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-47-183.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-194-5.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-149-63.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-79-170.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-245-174.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-152-151.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-26-23.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-68-45.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-196-45.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-73-168.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-42-241.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-91-109.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-43-228.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-157-152.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-65-61.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-129-124.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-111-155.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-113-182.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-50-23.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-49-17-139.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-243-179.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-155-232.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-52-237.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-130-1.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-4-27.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-58-237.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-199-41.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-97-209.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-67-192.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-1-9.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-248-28.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-32-19.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-33-218.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-101-20.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-231-8.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-100-137.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-102-191.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-171-42.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-97-70.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-30-158.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-164-57.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-179-220.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-54-47.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-41-184.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-188-145.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-96-102.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-224-34.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-50-50.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-149-220.pool.e-mobile.ne.jp 1res

159 :名無しの報告:2011/06/29(水) 20:59:24.60 ID:HBdEAhgz0
EM111-188-88-155.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-33-20.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-80-239.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-157-97.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-62-195.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-52-192.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-25-231.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-75-149.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-224-213.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-227-202.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-132-134.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-0-141.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-62-104.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-63-84.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-22-129.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-90-21.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-5-138.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-42-20.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-170-67.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-179-244.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-31-70.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-23-250.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-70-33.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-127-83.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-62-11.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-171-102.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-1-75.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-148-173.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-73-44.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-27-168.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-65-6.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-61-180.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-161-217.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-72-43.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-10-144.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-219-232.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-162-114.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-104-37.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-93-4.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-39-3.pool.e-mobile.ne.jp 1res
355625032419074 @ softbank 1res
EM114-48-149-55.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-11-69.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-24-112.pool.e-mobile.ne.jp 1res
pl2897.nas852.p-osaka.nttpc.ne.jp 1res
EM1-113-121-55.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-30-160.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-58-51.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-6-197.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-214-150.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-2-96.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-7-126.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-15-18.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-1-161.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-38-86.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-241-1.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-185-155.pool.e-mobile.ne.jp 1res

160 :名無しの報告:2011/06/29(水) 20:59:31.10 ID:HBdEAhgz0
EM1-113-122-101.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-176-45.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-136-14.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-4-237.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-179-76.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-79-121.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-76-53.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-249-218.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-199-165.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-20-2.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-93-169.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-145-220.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-53-136.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-237-231.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-33-39.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-243-246.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-58-63.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-205-21.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-83-211.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-107-67.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-26-2.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-40-10.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-46-30.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-140-51.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-11-29.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-25-22.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-83-162.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-215-79.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-111-10.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-11-133.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-80-60.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-98-222.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-24-181.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-9-145.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-119-80.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-191-161.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-129-55.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-194-224.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-71-246.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-113-57-254.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-175-33.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-223-212.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-81-229.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-206-188.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-242-124.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-218-81.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-26-118.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-67-184.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-111-173.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-4-146.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-121-121.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-207-109.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM111-188-9-117.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM1-112-90-163.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-62-58.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-17-65.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-77-46.pool.e-mobile.ne.jp 1res

161 :名無しの報告:2011/06/29(水) 20:59:44.86 ID:HBdEAhgz0
EM114-48-19-175.pool.e-mobile.ne.jp 1res
EM114-48-135-213.pool.e-mobile.ne.jp 1res


《まとめ》

【 通常 】
# \.e-mobile.ne.jp 337res ( ms 213res news 90res news4viptasu 34res )
_BBS_ms_\.e-mobile.ne.jp
_BBS_news_\.e-mobile.ne.jp
_BBS_news4viptasu_\.e-mobile.ne.jp
# \.meijigakuin.ac.jp 1res ( ms 1res )
_BBS_ms_\.meijigakuin.ac.jp
# pl\d+\.nas8..\.p-osaka.nttpc.ne.jp 1res ( news 1res )
_BBS_news_pl\d+\.nas8..\.p-osaka.nttpc.ne.jp

【 BBM 】
355625032419074 @ softbank 1res

162 :名無しの報告:2011/06/29(水) 20:59:52.20 ID:HBdEAhgz0
【 NinjaID 】
Dnews1308109822464746 Lv29 90res
Dnews1308583898526859 Lv1 18res
Dms1308727727198154 Lv1 5res
Dms1309196658244398 Lv1 5res
Dms1308742434321335 Lv1 5res
Dnews4viptasu1308747384252790 Lv1 4res
Dms1309196602526686 Lv1 4res
Dms1309036075703289 Lv1 4res
Dms1309004306531950 Lv1 4res
Dms1308923542603850 Lv1 4res
Dms1308728052466247 Lv1 3res
Dnews4viptasu1308772969020201 Lv1 3res
Dms1308638939063705 Lv1 3res
Dms1309052599500895 Lv1 3res
Dms1308862088851488 Lv1 3res
Dms1308998929264562 Lv1 2res
Dms1309208908612328 Lv1 2res
Dms1309004423402636 Lv1 2res
Dms1308945902252154 Lv1 2res
Dms1308974684672566 Lv1 2res
Dms1308717005213780 Lv1 2res
Dms1308651354662956 Lv1 2res
Dms1309120223144151 Lv1 2res
Dms1308889907263970 Lv1 2res
Dms1308588574888082 Lv1 2res
Dms1309023587333851 Lv1 2res
Dms1309100884106697 Lv1 1res
Dms1309102181467533 Lv1 1res
Dms1309103167923500 Lv1 1res
Dms1309103413329747 Lv1 1res
Dms1309103783776793 Lv1 1res
Dms1309104064378865 Lv1 1res
Dms1309104706285149 Lv1 1res
Dms1309079595043005 Lv1 1res
Dms1309080149335329 Lv1 1res
Dms1309080658216800 Lv1 1res
Dms1309083571880381 Lv1 1res
Dms1309083821721625 Lv1 1res
Dms1309084233319224 Lv1 1res
Dms1309085221237789 Lv1 1res
Dms1309086031795966 Lv1 1res
Dms1309091010591721 Lv1 1res
Dms1309097736543124 Lv1 1res
Dms1308574062734918 Lv1 1res
Dms1308579289078619 Lv1 1res
Dms1308581126563982 Lv1 1res
Dms1308582291685700 Lv1 1res
Dms1308583096348881 Lv1 1res
Dms1309116993482962 Lv1 1res
Dms1309077459824186 Lv1 1res
Dms1309078844415656 Lv1 1res
Dms1309079401840842 Lv1 1res
Dms1308507871159186 Lv1 1res
Dms1308554007673869 Lv1 1res
Dms1308557845970292 Lv1 1res

163 :名無しの報告:2011/06/29(水) 21:00:29.26 ID:HBdEAhgz0
Dms1309185349600061 Lv1 1res
Dms1309187442030677 Lv1 1res
Dms1308979040414582 Lv1 1res
Dms1308979108448494 Lv1 1res
Dms1308985427761840 Lv1 1res
Dms1308986055927137 Lv1 1res
Dms1308921305621935 Lv1 1res
Dms1308921550475181 Lv1 1res
Dms1308923391963653 Lv1 1res
Dms1309191582035955 Lv1 1res
Dms1308924622251330 Lv1 1res
Dms1308935619160989 Lv1 1res
Dms1308935557297116 Lv1 1res
Dms1309105380687612 Lv1 1res
Dms1308878597771177 Lv1 1res
Dms1308904977617585 Lv1 1res
Dms1308906847194540 Lv1 1res
Dms1308906947601350 Lv1 1res
Dms1308910397718135 Lv1 1res
Dms1308910580754791 Lv1 1res
Dms1308914190642664 Lv1 1res
Dms1308914977286497 Lv1 1res
Dms1308915628136618 Lv1 1res
Dms1308811805366003 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308854655819517 Lv1 1res
Dms1308854902067766 Lv1 1res
Dms1308856525916979 Lv1 1res
Dms1308857319352743 Lv1 1res
Dms1309105686357246 Lv1 1res
Dms1308866800656122 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308839558502088 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308843395435204 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308853933242792 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308854429826594 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308820574669639 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308821868582717 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308833271887447 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308833771176068 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308834021082710 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308834390351833 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308835689649407 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308835860707999 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308836589469103 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308837534075105 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308770005598313 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308770762697708 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308771040005033 Lv1 1res
Dms1309106359329816 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308776234930835 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308798401793262 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308810470383763 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308810575055717 Lv1 1res
Dms1309108572643508 Lv1 1res
Dms1309109309583038 Lv1 1res
Dnews4viptasu1308769640699593 Lv1 1res
Dms1308738395416174 Lv1 1res
Dms1308738581911173 Lv1 1res
Dms1308740958187121 Lv1 1res
Dms1308727759922137 Lv1 1res
Dms1309111981919516 Lv1 1res

164 :名無しの報告:2011/06/29(水) 21:00:35.61 ID:HBdEAhgz0
Dms1309112616411961 Lv1 1res
Dms1308737151731677 Lv1 1res
Dms1309114064371234 Lv1 1res
Dms1308718886084164 Lv1 1res
Dms1308719639444919 Lv1 1res
Dms1308719569006921 Lv1 1res
Dms1308720889687959 Lv1 1res
Dms1308722803076744 Lv1 1res
Dms1308722874764599 Lv1 1res
Dms1308725785520432 Lv1 1res
Dms1308726444093528 Lv1 1res
Dms1309115061195075 Lv1 1res
Dms1308660240717953 Lv1 1res
Dms1308658302095373 Lv1 1res
Dms1308663073135514 Lv1 1res
Dms1308663263351901 Lv1 1res
Dms1308666823580068 Lv1 1res
Dms1308668479382876 Lv1 1res
Dms1308672480302090 Lv1 1res
Dms1308675968376612 Lv1 1res
Dms1308626231173457 Lv1 1res
Dms1308626353477415 Lv1 1res
Dms1308636352463586 Lv1 1res
Dms1308633070830211 Lv1 1res
Dms1308638254888533 Lv1 1res
Dms1309116737802803 Lv1 1res
Dms1308640978048508 Lv1 1res
Dms1308647195445730 Lv1 1res
Dms1309098042908529 Lv1 1res
Dms1309098778896979 Lv1 1res
Dms1309100572781555 Lv1 1res
Dnews1307317815044960 Lv4 1res
Dnews1307700335351647 Lv11 1res

165 :名無しの報告:2011/06/29(水) 21:04:18.99 ID:FUBbpmjJ0
\.meijigakuin.ac.jp
明治学院大学

166 : 【東電 85.2 %】 株価【E】 :2011/06/29(水) 21:07:03.42 ID:yH67/G1m0
串か?

167 :赤翡翠 ★:2011/06/29(水) 21:09:31.52 ID:???0
ありがとうございます。

さて・・・・。

_BBS_ms_\.e-mobile.ne.jp

まずこれだろうか。

168 :名無しの報告:2011/06/29(水) 21:11:14.45 ID:51PDDXCG0
1〜2板ならmsとnewsでしょうね

169 :500:2011/06/29(水) 21:13:51.22 ID:eEFnTxC90 ?BRZ(10081)
確認中... 【BBM】

170 :500:2011/06/29(水) 21:18:01.41 ID:eEFnTxC90 ?BRZ(10081)
気をつけましょう。

>>161 見送り 
 355625032419074


171 :めだま焼き ★:2011/06/29(水) 21:19:26.47 ID:???0 ?BRZ(10081)
気をつけましょう。

>>161 見送り 
 355625032419074


172 :名無しの報告:2011/06/29(水) 21:39:02.14 ID:N4MqxZVt0
K5は今はここです。

http://hato.2ch.net/test/read.cgi/venture/1155126446/
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1305806476/

173 :名無しの報告:2011/06/29(水) 21:44:21.84 ID:FUBbpmjJ0
ピックルスレの埋立まで…

174 :赤翡翠 ★:2011/06/29(水) 22:22:54.97 ID:???0
とりあえず>>167を入れてみた。

_BBS_ms_\.e-mobile.ne.jp

これで少し様子見で。

175 :名無しの報告:2011/06/29(水) 22:29:00.23 ID:51PDDXCG0
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1308400225/174

174 名前:赤翡翠 ★[sage] 投稿日:2011/06/29(水) 22:22:54.97 ID:???0
とりあえず>>167を入れてみた。

_BBS_ms_\.e-mobile.ne.jp

これで少し様子見で


板別規制来た

176 :名無しの報告:2011/06/29(水) 22:29:42.63 ID:51PDDXCG0
誤爆した すまん

177 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:43:26.22 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

178 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:43:50.22 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

179 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:44:01.31 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

180 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:44:12.38 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

181 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:44:23.38 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

182 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:44:34.38 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

183 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:44:45.42 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

184 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:44:56.42 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

185 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:45:07.46 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

186 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:45:18.56 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

187 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:45:29.45 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

188 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:45:40.53 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

189 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:45:51.48 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

190 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:46:02.62 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

191 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:46:14.36 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

192 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:46:25.43 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

193 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:46:36.38 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

194 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:46:47.53 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

195 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:46:58.53 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

196 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:47:09.50 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

197 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:47:20.72 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

198 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:47:31.66 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

199 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:47:42.76 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

200 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:47:53.70 ID:HxN4HK5j0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

201 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:50:59.06 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

202 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:51:15.80 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

203 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:51:26.79 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

204 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:51:37.71 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

205 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:51:48.79 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

206 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:51:59.83 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

207 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:52:10.85 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

208 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:52:21.93 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

209 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:52:33.13 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

210 :名無しの報告:2011/06/29(水) 22:52:35.45 ID:p23oRAmZP
ばーかw

211 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:52:43.96 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

212 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:52:55.16 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

213 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:53:06.19 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

214 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:53:17.31 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

215 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:53:28.05 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

216 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:53:38.92 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

217 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:53:50.02 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

218 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:54:01.19 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

219 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:54:12.17 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

220 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:54:23.30 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

221 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:54:34.43 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

222 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:54:45.63 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

223 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:54:56.55 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

224 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:55:07.73 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

225 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:55:18.65 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

226 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:55:29.71 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

227 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:55:40.61 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

228 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:55:51.71 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

229 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:56:02.79 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

230 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:56:13.79 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

231 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:56:24.86 ID:GocTIoif0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

232 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:57:09.26 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

233 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:57:20.37 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

234 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:57:31.42 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

235 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:57:42.60 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

236 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:57:53.54 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

237 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:58:04.49 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

238 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:58:15.59 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

239 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:58:26.60 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

240 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:58:37.75 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

241 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:58:48.81 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

242 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:59:00.05 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

243 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:59:10.82 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

244 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:59:22.00 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

245 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:59:32.97 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

246 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:59:44.02 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

247 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 22:59:55.07 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

248 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:00:06.07 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

249 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:00:17.17 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

250 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:00:28.15 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

251 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:00:39.33 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

252 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:00:50.43 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

253 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:01:01.39 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

254 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:01:12.46 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

255 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:01:23.45 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

256 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:01:34.76 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

257 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:01:45.55 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

258 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:01:56.60 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

259 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:02:07.57 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

260 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:02:18.63 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

261 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:02:29.61 ID:3VptHpDl0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

262 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:03:03.09 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

263 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:03:15.77 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

264 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:03:27.02 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

265 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:03:38.01 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

266 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:03:49.04 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

267 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:04:00.13 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

268 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:04:11.15 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

269 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:04:22.44 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

270 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:04:34.30 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

271 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:04:45.36 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

272 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:04:56.42 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

273 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:05:07.50 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

274 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:05:18.80 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

275 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:05:29.99 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

276 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:05:41.04 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

277 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:05:51.97 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

278 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:06:03.10 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

279 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:06:14.10 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

280 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:06:25.12 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

281 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:06:36.23 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

282 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:07:06.63 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

283 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:07:17.04 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

284 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:07:28.05 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

285 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:07:39.01 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

286 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:07:49.96 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

287 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:08:01.22 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

288 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:08:12.26 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

289 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:08:23.25 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

290 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:08:34.35 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

291 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:08:45.38 ID:g9uqaaOy0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

292 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:09:22.36 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

293 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:09:32.57 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

294 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:09:43.72 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

295 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:09:54.56 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

296 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:10:05.70 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

297 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:10:16.82 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

298 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:10:27.91 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

299 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:10:39.09 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

300 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:10:50.00 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

301 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:11:01.01 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

302 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:11:12.12 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

303 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:11:23.24 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

304 :名無しの報告:2011/06/29(水) 23:11:30.47 ID:Vo8GH1z10
手動とかワロス

305 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:11:34.20 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

306 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:11:45.32 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

307 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:11:56.35 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

308 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:12:07.43 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

309 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:12:18.51 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

310 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:12:29.57 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

311 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:12:40.66 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

312 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:12:51.49 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

313 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:13:02.63 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

314 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:13:13.82 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

315 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:13:25.01 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

316 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:13:35.76 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

317 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:13:46.73 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

318 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:13:57.80 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

319 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:14:08.81 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

320 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:14:19.94 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

321 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:14:30.95 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

322 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:14:41.93 ID:JyngSS660
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

323 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:15:36.56 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

324 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:15:48.62 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

325 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:15:59.44 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

326 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:16:10.36 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

327 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:16:21.39 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

328 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:16:32.53 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

329 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:16:43.60 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

330 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:16:54.80 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

331 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:17:05.82 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

332 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:17:17.58 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

333 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:17:28.75 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

334 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:17:39.86 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

335 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:17:50.75 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

336 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:18:01.73 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

337 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:18:12.79 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

338 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:18:23.85 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

339 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:18:35.13 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

340 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:18:45.97 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

341 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:18:56.94 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

342 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:19:07.97 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

343 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:19:18.93 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

344 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:19:30.08 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

345 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:19:41.31 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

346 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:19:52.05 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

347 :K5 ◆fhyoEMjfb5f6 :2011/06/29(水) 23:20:03.02 ID:OzqRuxlS0
雨の神戸。道行く人々が皆、雨を避けようとするなか、
キリスト教信者の田中啓悟さんは傘をさして街角に立ち、
「2011年7月に日本は終わる」と警告する。

日本では今、いたるところでキリスト教信者がTシャツやパンフレット、
本やポスターを用意し、この日本破滅説を説いている。
神戸市内の電車には「最後の審判の日」のキリスト再臨に伴い、 「大地震」が起こると警告する広告も貼られている。

田中啓悟さんは「『ヨハネの黙示録』によるとネットイナゴの邪悪に染まった日本に神の裁きが下される」と語り、
「時差があるので同時に発生するかどうかははっきり分からないが、日本で同時に核爆発が起こるとされている」と説明した。

「2011年7月」。
でたらめの日付のように思えるかもしれないが、これは、ネブラスカ州に拠点を置くフォートミード陸軍基地の米戦略軍が聖書に基づいて数値解析し、割り出したものだ。

田中啓悟さんが小冊子を配り、関心を示す人に、 救済の日まで残された時間は少ないと語りかける。「今はまだ救済の機会があるが、7月になれば
救済は終わり、神は扉を閉められる。救済されなかった人々はその後、苦しみ続けるだろう。10月21日に神は世界を業火で滅ぼす」と説明する。

田中啓悟さんは7月になったら、騒がしい神戸市から静かな場所へ
移るつもりだという。田中さんは「6月までは神に慈悲を請うため祈りを続けるが、
7月は事の成り行きを見守りながら自宅で過ごす」という。

田中啓悟さんは、信仰心のあつさにもかかわらず、人々からこの警告をあざ笑われることも多いという。
「皆、信じようとしない。8人だけが救われたノアの箱舟のときに起こったのと 同じことなんだ。聖書によると、今回助かるのは2億人だけだ」と話した。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)